海外・旅行

日本入国者 強制隔離ホテル体験記 アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>

悠貴
悠貴
こんにちは、悠貴です。

 

アラブ首長国連邦・ドバイから帰国後の
強制隔離ホテル生活をまとめました。

到着日

「ドバイ→シンガポール→羽田空港」ルートで帰国。

空港到着後はそのまま書類のチェックや隔離期間中に情報を送るためのアプリの説明、
陰性検査などいくつかの手続きを踏み結果が出てからバスでホテルへ移動。

結果が出るまでは30分ほど待機でした。

空港

バスに乗ってからもどこのホテルに向かうかはわからず、
到着してからみなとみらいにあるAPAホテルということがわかりました。

ちなみに隔離期間はホテルが3日間で、自主隔離が4日間の合計7日間。
(到着日はカウントしないので、到着日を含むとホテル4日間)

 

ホテル到着後は順番に説明を受け、夜ご飯の弁当とペットボトルの水を貰い部屋へ。
空港でもホテルでもスタッフの方々のおかげで全て流れ作業みたいで楽でした。(感謝)

↓エレベーターの中でなんとなく撮ったフロアガイド

アパホテル

部屋はこんな感じ

アパホテル部屋

初めてのアパホテルで、入った瞬間は「部屋が狭っ!」とびっくりしましたが、
TVはデカイし、冷蔵庫もケトルも空気清浄機もあればベッドに付いているボタンで
電気のON-OFFもできて便利でかなり快適でした!!

アパホテル普通にイイ!!

隔離中のホテルは費用はかからず、食事も費用はかからないので、
無料で3日間もタダで泊まれるのはラッキーでした。

 

部屋からの夜景

夜景 夜景

3食の食事付きで、景色も良くて無料!!
普通に最高でした。

 

・到着日の夜ご飯

食事には毎回メニューが付いているので、
アレルギー成分のことも書いてあるのでアレルギー持ちの方は安心ですね。

到着日夜ご飯 到着日夜ご飯

1日目

部屋の外には出れないので食事は、朝・昼・晩と部屋のドアノブにかけられるので、
アナウンスが流れた後にマスクを付けて自分で取るという形です。

水やコーヒーやお茶などのアメニティは電話をすると持ってきてもらえるので
かなり快適に過ごせました。

・朝ごはん

1日目朝ごはん 1日目朝ごはん

・昼ごはん

1日目昼ごはん 1日目昼ごはん

・夜ご飯

1日目夜ごはん 1日目夜ごはん

2日目

部屋ではPCで作業するか、TV観るかなどしかできないので
食事しか写真がない・・・

・朝ごはん

2日目朝ごはん

・昼ごはん

2日目昼ごはん 2日目昼ごはん

・夜ご飯

2日目夜ごはん 2日目夜ごはん

3日目

ホテルでの強制隔離最終日!

この日は朝に唾液での検査キッドが各部屋に配られて
その結果で出られるかどうかが決まります。

・検査後は朝ごはん

3日目朝ごはん 3日目朝ごはん

・昼ごはん

3日目昼ごはん

昼前には結果が出るかと思ったものの、
結果が出たのは午後2時ごろでした。

部屋の電話がかかって陰性を知らされました。
結果が出たらすぐに荷物を持って下に降りてバスに乗り込み羽田空港まで戻り解散でした。

まとめ

・費用

宿泊費、移動費、食事、全て無料

・どこのホテルか

行くまでわからない

隔離といっても、
タダでホテル泊まれて食事付きって考えりと全然良いものでした。

経済的自由へ一緒に旅立ちませんか?

 

僕は現在で月収で100万円ほど稼いでいます。

 

しかし、元々は月収14万円のただのフリーターでした。
学歴がいい訳でもない、知識もない、経験もない状態。

 

そんな状態からビジネスに出会い、
真剣に勉強してみたところ月収14万だったのが
少しずつ稼げるようになり、
遂には100万円と稼げるようになりました。

 

ただのフリーターだった青年が、
いまでは他の同世代と比べてみても
稼いでいる部類に入ることができました。

 

そんな経験から、誰でも知識を付けて成長し、挑戦さえすれば
人生の勝率は上げられるのだと確信しました。

 

そして、そういった人が少しでも増えて、
現状からの脱出をできるようになればと思っています。

 

そういった理念から、ただの月収14万のフリーターから
どうやって成功体験を築いたのかを、
僕が実際に辿ったビジネスの道標を一冊の書籍にまとめました。

 

この書籍はAmazonで販売しているものですが、
メルマガ限定でやる気のある方にだけお渡ししています。

 

誰だって最初は初心者です。
これを読めば誰でも再現可能な取り組むべきビジネスの流れが掴めます。
自由になるため、現状から脱出しましょう!

 

【書籍から学べる事】

・経済的自由を達成する方法
・資産を構築する仕組みづくりのステップ
・時代に左右されずに稼ぐビジネスの本質

 など盛り沢山です。

 

15分ほどあれば読める内容なので
もし興味があればぜひ読んで、ビジネスの流れを掴んでみてください。

 

▷▷ 電子書籍「経済的自由への道標」を読んでみる

 

メルマガ登録はコチラから


▽学びたい放題 公式メールマガジン